SUNSHINE

国際交流展に出品する機会を頂いたのだから
日本の美術を生かした作品を作りたい。
日本の美術を外国の油絵という技術を使って描きたい。
そう思ったのが今回のモチーフを選んだきっかけです。
しかし、既成の美術の真似をする事が目的ではありません。
菩薩像のイメージを通して現代に生きる女性の暖かさを描きたいのです。

(横浜赤レンガ倉庫 国際交流展 バイオグラフィーより)

<前へ GALLERYに戻る 次へ