油絵を描くのに必要な画材を紹介します。
初めての場合はセットで買うと間違いがなく確実です。
油絵の描き方についてはこちらで紹介しているのでご覧ください。

 □ 画材屋紹介

Art & Craft FAN

各種クラフト素材と画材の専門店です。一生モノの趣味を見つけてください。

画材ショップ カワチ

絵を描く事の好きな方、インテリアにこだわりたい方、一度お越しください!

画材・額縁のダイワ

画材・絵画用品の販売

画材と額縁の詩季画材

画材と額縁の専門店。店主は昔は絵描き、今は額縁作り。アートはおまかせ!

中善画廊

油絵、水彩、日本画、デザインの画材・額縁の専門店です。

 □ 必要画材一覧
●油絵セット

とりあえずこのセットを買えばすぐに描き始める事ができます。
価格はピンきりですが、そこは絵の具の質や筆の数などによって変わります。
美しい色は高い絵の具でないと出ません。
しかし、まずは安い絵の具で練習して一本使い切ってから、
少しずつ高い物に買い換えていくのでもいいと思います。

ホルベイン油絵具セット ミニバッグP−2Dセット

ホルベイン油絵具セット ミニバッグP−2Dセット

このセットが一番安い油絵のセットです。必要なものは揃っているので経済的な負担を少なくして油絵を始めたい人にはおすすめです。

ホルベイン専門家用油絵具DHセット

ホルベイン DHセット

こちらはセットになっている絵の具が良い絵の具で揃えられています。多少高くても良い作品を目指したいという方にはこちらがおすすめです。

●絵の具

絵の具が一番迷う所だと思います。
私の場合は研究所の先生の助言があったので全部バラ売りのものを買いました。
わからない場合はとりあえずセットで買うといいと思います。
次第に自分がほしい色を探して買い足していきましょう。

【ホルベイン】専門家用油絵具12色セット[アーティストオイルカラー] 

【ホルベイン】専門家用絵具セット[アーティストオイルカラー]

こちらのセットは値段が安い所がおススメです。

クサカベ 専門家用油絵具セット アカデミー12 12色 30%OFF

クサカベ 専門家用油絵具

この12色セットは良い絵の具が揃っています。

●筆

筆は色々な種類の毛があります。
最も一般的なのは豚毛です。
ゴッホのような力強く量感のある絵を描きたい時は豚毛が良いでしょう。
古典の繊細な絵を描くときはイタチ毛や馬毛やリセーブルなどの柔らかい毛を使いましょう。

ac-FANオリジナル 豚毛筆7本セット  白軸

ac-FANオリジナル 豚毛筆7本セット  白軸

絵筆は必ず数本持っておく必要があります。こちらはセットの中で最安値です。

●溶き油(テレピン)

下描きや乾性油を薄めるのに使う油です。

【クサカベ】テレピン55ml(溶剤/揮発性油)

【クサカベ】テレピン55ml(溶剤/揮発性油)

ホルベインターペンタイン(テレピン) 200ml

ホルベインターペンタイン(テレピン) 200ml

●溶き油(ペインティングオイル)

完成段階で適度な艶出しなどに使用する油です。

【クサカベ】ネオペインティングオイル55ml(調合溶き油)

【クサカベ】ネオペインティングオイル55ml(調合溶き油)

ホルベインペインティングオイル 200ml

ホルベインペインティングオイル 200ml

●パレット

一枚板のパレットは描いている時に邪魔になる部分がなく、
それまでに作った自分の色を次の作品からも生かせます。
折りたたみのパレットは折り目の部分や金具が混色の邪魔になりますが、持ち運びには便利です。
紙パレットは作品を描いた後は捨てる事ができるので、
あと片付けが面倒という人には便利です。

油絵用パレットオブロング型(角)4号

油絵用パレットオブロング型(角)4号

【四角折り畳み式】大半 木製パレット(木地)

【四角折り畳み式】大半 木製パレット(木地)

ペーパーパレット PAL-2305mm×230mm

ペーパーパレット PAL-2305mm×230mm

●油壺、小皿

これは溶き油を入れておくために使います。私は油壺ではなく小皿を使っています。

油壺(金属製)NO.30

油壺(金属製)NO.30

●キャンバス

絵を描く基礎です。

張りキャンバス F6

張りキャンバス F6

F6号はB3の紙くらいの大きさです。手軽な大きさで描き始めるのにはちょうどいいかもしれません。

張りキャンバス F15

張りキャンバス F15

PAINTWEB
新井徹プロフィール 図像学 油絵作品展示 絵画鑑賞関連の美術書 掲示板 美術日記 美術リンク メール